9.29.2014

JAPAN TOUR

We'll back to Japan in this fall. And will have Japan tour !!!

こんにちは!11月から12月にかけて日本ツアーが決定しました。
今回は東京だけでなく関西にも行きます。去年は関西に行けなかったので、関西方面の方々にお会いできるのを楽しみにしています。ツアー情報をどんどん更新していきますのでお見逃しなく!まずは新代田フィーバーでTHE RIGHT ON、ASPARAGUSと共演です。





                                    By Mike Nogami

THE RIGHT ONS JAPAN TOUR 2014
“TONE FLAKES Vol.75”

2014/11/26(wed.) @ Tokyo /新代田Fever
[OPEN/START] 18:30/19:00
[CHARGE] adv 4,000yen(別途1D) / door 4,500yen(別途1D)

[LIVE]
The Right Ons 商品検索
ASPARAGUS 商品検索
THE SUZAN 商品検索

★チケットぴあ先行 9/27/0時~
受付日時:9/27(土)0:00~10/6(月)23:59
受付キャリア:PC/モバイル
枚数制限:4枚まで

★TICKET  各プレイガイド一般発売 10/11~
[TICKET] 10/11 on sale
チケットぴあ tel:0570-02-9999 ( P-コード 244-627 )
ローソンチケット tel:0570-084-005 ( L-コード 76486 )
イープラス

[主催] FLAKE RECORDS
[協力] Fever
[招聘] Bad News
http://www.flakerecords.com/news_toneflakes75.php





9.25.2014

INPOSE MAGAZINE

Here are pictures of a show with Shonen Knife and Habibi on Sep 18th from INPOSE MAGAZINE. Thanks!!!
さる9月18日に少年ナイフのNY公演で共演させていただきました!

On Friday, September 12, The Wick played host to Japanese pop legends Shonen Knife, their tour mates Habibi, and Tokyo by way of New York band The Suzan.  Photographer Rafe Baron was there to bring us these images.




More picture
http://www.imposemagazine.com/photos/shonen-knife-habibi-and-the-suzan-at-the-wick#7

8.12.2014

10 SONGS FOR DANCING ALONE IN YOUR ROOM

THE SUZAN's super fun "HA HA HA" song is #1 on this The Wild Honey Pielist. 
We couldn't agree more. But dancing to "HA HA HA" is even more fun when you are not alone..... thanks!

10 SONGS FOR DANCING ALONE IN YOUR ROOM


You may dread the shameful moment when the door swings open, interrupting your interpretive intensity to the theme song for friends — but little is exposed… Everyone knows what happens when you sketchily shut your bedroom door at awkward hours of the afternoon. Sometimes we need to liberate our limbs and twitch around like Mexican jumping beans. Contrary to what society dictates, moving meditation is natural and secretly universal. So, here are 10 songs for your furtive, frequent solo dancing raggers.

1. HA HA HA – THE SUZAN
This track from Japanese all-female power band, The Suzan, should spearhead your solo raging playlist. Their song mimics an explosion of neon colors and discombobulated movements, faultless in front of a mirror.

Read more..
http://www.thewildhoneypie.com/10-songs-for-dancing-alone-in-your-room/

8.05.2014

MUSIC VIDEO

It's been  4 years since we released our first album "Golden Week for the Poco Poco Beat " in us. We'd like to introduce our music video today. 
気がつけば前作から4年も経ってたんですね、自分たちでもびっくりです。
今日は過去のMVを振り返ってみようと思います。


HOME

This song was single from "Golden Week for the Poco Poco Beat ".
We used to play more garage rock sound before we made this song. Suzan's pop sounds started from this song!この曲を作り始めた頃からよりそれまでのガレージサウンドからよりPOPな曲が増えてきました。思い出深い曲の1つです。



HA HA HA

We danced hard in this video!
This music video was made in  collaboration with DELL and TOM TOM MAGAZINE.
DELLとTOM TOM MAGAZINEとコラボレーションして作ったMV。とにかく必死に踊ってます。笑




Devils

It's the hottest music video. You can see our darkside...
ちょうどハロウィンの時期に出たMVです。なのでデビルに仮装して大変なことに...とくに謎のサングラスをかけたRieに注目!撮影時のRieのあだ名はムスカでした。


8.04.2014

The Wassaic Project Festival

Here are pictures of The Wassaic Project Festival.
Thank you all came to the festival and The Wassaic Project!!!
You can see video of show  https://www.facebook.com/photo.php?v=10153316400181393&set=vb.664681392&type=2&theater













7.30.2014

Interview for The Pulp Zine

Here is our interview for The Pulp Zine. 
http://www.thepulpzine.com/meet-the-suzan/

Meet The Suzan!

  • Posted on: June 27, 2014

The Suzan are a pop-rock band from Tokyo, Japan. Formed in 2004 by sisters Rie (keyboards and vocals) and Saori (guitar and vocals). Soon they added school friends Nico (drums) and Ikue (bass) where their sound has been variously described as riot-grrl, pop and punk, and also incorporates elements of jazz, soul, surf and dance music.“ text from their website.
PAM: Can you tell us a little bit about the members of The Suzan?
THE SUZAN: We are trio. Saori is a lead singer & guitarist who likes indie music. Rie is a multi keyboardist. Rie likes to make demo songs at her room. Nico is a super cool drummer who loves second tom tom sound.
PAM: Your music has always made me feel full of colors. What do you feel when you’re playing?
THE SUZAN: We feel natural when we’re playing. As everyone has several characters, our music has many colors.
PAM: Do you remember your first concert, how was it?
THE SUZAN: Our first concert was at “GEISAI” which is a big festival of contemporary art Takashi Murakami organized in 2004.
We were really nervous to be careful not to make a mistake.
PAM: And how did that feel?THE SUZAN: It was weird but excitement experience. I think my life changed at that time(Saori).
PAM: If you could play with any band of any time, which would you choose?
THE SUZAN: I don’t have ideas to play with other band but I’d like to play in hard rock band(Nico).
PAM: What is the process of making a song and how is to translate it to a music video?
THE SUZAN: We have two song whiters Rie and Saori. We usually make demos separately using guitar and keyboard. Then we work together to arrange songs.
We ask the professional creator we can trust who can share our sensitivity when we make music videos.
PAM: What would be your dream tour destination?THE SUZAN: Be headliner for all big music festival in the world!
PAM: What are your favorite movies?THE SUZAN: “Ghost World”, “BatMan”, “TOTORO”
PAM: What would you like to say with your music?
THE SUZAN: We want to cheer up the people in our music.
PAM: If you could translate your music into a palette of colors, which colors would you choose?
THE SUZAN: We choose yellow. Yellow is positive and pop!
PAM: How would The Suzan land look like?
THE SUZAN: There is an ice cream shop. They’re making various types of taste using the material that was harvested in the jungle.
PAM: What are your future plans?
THE SUZAN: We’re working for new album now.
We hoping we can release it in this year and go to tour.
Special thanks to all the members of The Suzan
Follow The Suzan!
Twitter: https://twitter.com/thesuzan




7.23.2014

HEAPS MAGAZINE

Here is an article of HEAPS before (Sorry it's japanese).
As this article,we're working for new album!

今日は以前、HEAPに載った記事の紹介をしたいと思います。
記事に書いてあるように、現在私達はニューアルバムに向けて新曲作りに励んでいます。
あともう少しでみんなに新譜を届けられそうです!

記事ページ(HEAPS SITE)
http://www.heapsmag.com/men-issue-12/7


                            photo by Mike Nogami

NYで叶える 日本人ガールズバンドの夢と挑戦

Interview with The Suzan
ニューヨークのインディーシーンでひときわ異彩を放つのが、日本発のガールズ・バンド「The Suzan(ザ・スーザン)」。メンバーは、SAORI(Vo.&Gt.)、RIE(Key.)、NICO(Drums)の3人。結成は学生時代。ガレージ・スタイルのサウンドを基調にしながら、アジアの祝祭を想わせるビートやポップなメロディーを取り入れた彼女たちの音の世界は、カラフルそのものだ。国内はもとより海外での評価が高い。特に、スウェーデンの有名ミュージシャン、ピーター・ビヨーン・アンド・ジョンが『Golden Week For The Poco Poco Beat』のプロデュースを手がけてからは俄然、海外寄りに。レーベルをヒップホップ系の Fool’s Gold Recordsに移籍。活動拠点も東京からニューヨークに移した。そして2011年には、米大手電話会社のNFL中継中のテレビCMでヒットシングル『Come Come』が起用され一気に、その名が全米に知れ渡った。

「迷いなどなかった」

海外にはやりたい音楽に専念できる環境がある

 メジャーへの道を邁進しているかのような彼女たちだが、実は、デビューから一貫してインディーの姿勢をくずしていない。そもそもバンド結成の発端が、リーダーのRIEが妹でもあるSAORIと一緒に作ったデモテープ。それがミュージシャンでインディー・レーベル「ROSE RECORDS」主宰の曽我部恵一氏の耳に届き、活動が始まった。楽曲はすべて英語歌詞。アルバム制作と平行して積極的にライブも展開。学生時代から早くも世界を意識し、米国やヨーロッパでライブ活動を続けてきた。実は、往年のCBGBやニッティング・ファクトリーのステージに立ったこともある。「だから海外に拠点を移すことに何も抵抗はなかった」というRIE。むしろ、メジャーレーベルが衰退するにもかかわらずマネジメントばかりが権力を持っていて、会社の計画通りの音楽活動しかやらしてもらえない日本の業界体質には、嫌気がさしていた。「海外では自分たちのやりたい音楽に専念できる環境がある。それにロックがアートやファッションなど他分野とコラボできるチャンスが多い」とRIEは語る。
 インディーながらもレーベルでは専属のブッキングエージェンシーやPR会 社をつけてくれるのでザ・スーザン自体は、音楽をどう売るかについては頭を悩 ませる必要はない、評判が上がるにつれライブやイベントの出演リクエストも 増え、ロウアー・イースト・サイドやブルックリンのライブヴェニューはほとんど 制覇した。「とはいえ、ローディもいないし車もないからライブ時の移動は地下 鉄です」(SAORI)。「3人でギター、キーボード2台とドラムセット一式抱えて階 段上るときの苦労といったら」(NICO)。「ライブハウスにたどり着く前に、路上 で演奏して帰っちゃおうかと思うくらいだよね」(RIE)

「ガールズバンドのハンディーは感じない」

“オリジナリティー”こそ、世界を相手にできるカギとなる

 自由の王国だと思っていたアメリカ。しかし、意外な風当たりも体験する。ヒットシングル『Come Come』が米大手電話会社のテレビCMに史上初の外国人として起用されたときのこと。降って沸いた幸運にメンバー全員狂喜したが、CMがNFL(アメフト・プロリーグ)をフィーチャーしている関係上、NFLサ イドから、“日本人”のガールズバンドの曲は不適切(?)といちゃもんがついたのだ。もちろんザ・スーザンの3人はそ知らぬ顔でやり過ごし、かなり巨額の収入を得たらしい(?)が、予想外の批判に「保守的なアメリカ文化には面食らった」と彼女たちは語る。
 ミュージシャンとしてニューヨークでガールズバンドのハンディは感じたことがないと言うザ・スーザン。「私たちのように、オリジナリティがあって、しかも、不特定多数に向けて活動していないガールズバンドは特異な存在なので、かえって注目を浴びやすいと思う。ライバルのバンドもいないし、そもそも、私たちのことをライバルと思ってくれるバンドがないよね」(RIE)40~50曲あるレパートリーはほとんど原案をRIEとSAORIが考え、RIEがデモを起こす。その後、演奏しながらアレンジを加えていくという手法で作曲している。ボーカルのSAORIによると「私たちの場合、まずメロディーやビートができてから歌詞の言葉を選ぶんです。この音にはこの語感というのがあって、それがピッタリ合わないと気持ち悪い」そうだ。ザ・スーザンの楽曲に頻繁に登場する独特なかけ声も、そんなサウンド重視のスタイルから生まれたものかもしれない。「割と日本人とは思われないことも多い」(SAORI)。「ウチらメイク濃いからね」(NICO)、「とかく海外で人気を取ろうとすると『日本』という色をつけたりつけさせられたりするものだけど、私たちはそれをしたくない。日本的なもので売り出すつもりはない。よく『祭り』っぽいって言われるけど、多分、私の出身地、埼玉県川越市(祭礼が盛ん)のせいじゃない?私も祭り大好きなんで」(RIE)あえて色で例えるなら何色なのだろうか。一瞬迷った後で、RIEは言う。「う~ん。しいていえばレインボーかな。もう性別も国籍も越えちゃってますからね」。まもなくニューアルバムの制作に入るが、今年もライブのスケジュールはすでにぎっしり詰まっている。「面白いことがある限りニューヨークで世界を相手に活動を続けます。それがなくなれば、ロンドンとかスウェーデンとかアジアとか、他の場所に移るかもしれないね」。ニューヨークでさらなる刺激を受けて、今後どんな成長を遂げるかが楽しみなガールズバンドだ。

「ガールズバンドのハンディーは感じない」

“オリジナリティー”こそ、世界を相手にできるカギとなる

 自由の王国だと思っていたアメリカ。しかし、意外な風当たりも体験する。ヒットシングル『Come Come』が米大手電話会社のテレビCMに史上初の外国人として起用されたときのこと。降って沸いた幸運にメンバー全員狂喜したが、CMがNFL(アメフト・プロリーグ)をフィーチャーしている関係上、NFLサ イドから、“日本人”のガールズバンドの曲は不適切(?)といちゃもんがついたのだ。もちろんザ・スーザンの3人はそ知らぬ顔でやり過ごし、かなり巨額の収入を得たらしい(?)が、予想外の批判に「保守的なアメリカ文化には面食らった」と彼女たちは語る。
 ミュージシャンとしてニューヨークでガールズバンドのハンディは感じたことがないと言うザ・スーザン。「私たちのように、オリジナリティがあって、しかも、不特定多数に向けて活動していないガールズバンドは特異な存在なので、かえって注目を浴びやすいと思う。ライバルのバンドもいないし、そもそも、私たちのことをライバルと思ってくれるバンドがないよね」(RIE)40~50曲あるレパートリーはほとんど原案をRIEとSAORIが考え、RIEがデモを起こす。その後、演奏しながらアレンジを加えていくという手法で作曲している。ボーカルのSAORIによると「私たちの場合、まずメロディーやビートができてから歌詞の言葉を選ぶんです。この音にはこの語感というのがあって、それがピッタリ合わないと気持ち悪い」そうだ。ザ・スーザンの楽曲に頻繁に登場する独特なかけ声も、そんなサウンド重視のスタイルから生まれたものかもしれない。「割と日本人とは思われないことも多い」(SAORI)。「ウチらメイク濃いからね」(NICO)、「とかく海外で人気を取ろうとすると『日本』という色をつけたりつけさせられたりするものだけど、私たちはそれをしたくない。日本的なもので売り出すつもりはない。よく『祭り』っぽいって言われるけど、多分、私の出身地、埼玉県川越市(祭礼が盛ん)のせいじゃない?私も祭り大好きなんで」(RIE)あえて色で例えるなら何色なのだろうか。一瞬迷った後で、RIEは言う。「う~ん。しいていえばレインボーかな。もう性別も国籍も越えちゃってますからね」。まもなくニューアルバムの制作に入るが、今年もライブのスケジュールはすでにぎっしり詰まっている。「面白いことがある限りニューヨークで世界を相手に活動を続けます。それがなくなれば、ロンドンとかスウェーデンとかアジアとか、他の場所に移るかもしれないね」。ニューヨークでさらなる刺激を受けて、今後どんな成長を遂げるかが楽しみなガールズバンドだ。

「ガールズバンドのハンディーは感じない」

“オリジナリティー”こそ、世界を相手にできるカギとなる

 自由の王国だと思っていたアメリカ。しかし、意外な風当たりも体験する。ヒットシングル『Come Come』が米大手電話会社のテレビCMに史上初の外国人として起用されたときのこと。降って沸いた幸運にメンバー全員狂喜したが、CMがNFL(アメフト・プロリーグ)をフィーチャーしている関係上、NFLサ イドから、“日本人”のガールズバンドの曲は不適切(?)といちゃもんがついたのだ。もちろんザ・スーザンの3人はそ知らぬ顔でやり過ごし、かなり巨額の収入を得たらしい(?)が、予想外の批判に「保守的なアメリカ文化には面食らった」と彼女たちは語る。
 ミュージシャンとしてニューヨークでガールズバンドのハンディは感じたことがないと言うザ・スーザン。「私たちのように、オリジナリティがあって、しかも、不特定多数に向けて活動していないガールズバンドは特異な存在なので、かえって注目を浴びやすいと思う。ライバルのバンドもいないし、そもそも、私たちのことをライバルと思ってくれるバンドがないよね」(RIE)40~50曲あるレパートリーはほとんど原案をRIEとSAORIが考え、RIEがデモを起こす。その後、演奏しながらアレンジを加えていくという手法で作曲している。ボーカルのSAORIによると「私たちの場合、まずメロディーやビートができてから歌詞の言葉を選ぶんです。この音にはこの語感というのがあって、それがピッタリ合わないと気持ち悪い」そうだ。ザ・スーザンの楽曲に頻繁に登場する独特なかけ声も、そんなサウンド重視のスタイルから生まれたものかもしれない。「割と日本人とは思われないことも多い」(SAORI)。「ウチらメイク濃いからね」(NICO)、「とかく海外で人気を取ろうとすると『日本』という色をつけたりつけさせられたりするものだけど、私たちはそれをしたくない。日本的なもので売り出すつもりはない。よく『祭り』っぽいって言われるけど、多分、私の出身地、埼玉県川越市(祭礼が盛ん)のせいじゃない?私も祭り大好きなんで」(RIE)あえて色で例えるなら何色なのだろうか。一瞬迷った後で、RIEは言う。「う~ん。しいていえばレインボーかな。もう性別も国籍も越えちゃってますからね」。まもなくニューアルバムの制作に入るが、今年もライブのスケジュールはすでにぎっしり詰まっている。「面白いことがある限りニューヨークで世界を相手に活動を続けます。それがなくなれば、ロンドンとかスウェーデンとかアジアとか、他の場所に移るかもしれないね」。ニューヨークでさらなる刺激を受けて、今後どんな成長を遂げるかが楽しみなガールズバンドだ。